省エネのご提案
設備の維持は何かと費用がかさむものですが、少しの機器の改修・交換で、維持や使用にかかる電気料を下げる事ができます。モモヤシステムでは、環境改善から維持コスト削減のご提案から実施まで行っております。 また、このような省エネの取り組みは国をあげて行われており、設備の導入に補助金が出る場合などもありますので、維持コスト削減等をお考えの建物管理者/オーナー様はお気軽にご相談ください。

太陽光発電

太陽光発電を導入すると、太陽が照っている間は太陽光を利用して電化製品を動かすことができ、使っている電気の量よりも、発電している電気の量が多ければ、その間の電気代は無料です。また、設置・導入には、国・都道府県・市区町村のそれぞれが補助金を出しています。

電気が自給自足できます
太陽が照っている間は、テレビやエアコンなどの電化製品を発電した電気で動かすことができます。電気の使用量よりも、発電している電気の量が多ければ、その間の電気代は基本的に無料です。また、余った電気は電力会社に売る事もできます。
地球環境にもやさしく無尽蔵なエネルギーです
他の発電方法と違い、資源の無駄使いをすること無く、かつ 廃棄物を出すことなく発電する事が可能です。また、石油やガスなどは資源に限りがありますが、太陽光発電は太陽の光さえあればエネルギーを作る事ができますので、無限に近いエネルギー減といえます。
補助金が支給されます
太陽光発電システムの設置時には、国や地方自治体から補助金が支給されますので、設置にかかる費用を抑える事ができます。国、都道府県、市区町村などから、それぞれ補助金をもらえれば、割安に設置する事が可能です。また、震災の影響もあってか、さまざまな自治体で太陽光発電の普及に努める動きがあります。

LED電球

LED電球の寿命時間と言われている約4万時間で比較すると、LED電球は白熱球の数分の一の費用しかかかりません。

LED電球に変えるだけで、省エネとエコを同時に行う事ができ、大変お得です。

電球の購入価格、電気代を元に比較・試算すると以下のようになります。
※1日8時間使用する電球4つ分で比較した場合の試算です。

電気代(月額)
種類電気代(月額)補足
白熱電球1,200円
LED電球150円白熱電球の約1/8の消費電力として計算
寿命と価格
種類寿命価格(相場)補足
白熱電球約1,500時間300円半年に1回交換が必要
LED電球約4万時間2,000円13年に1回交換
上記の数値を元に電気代、および購入価格を比較すると下表のようになります。

購入価格 および 電気代の比較(年間)
種類電球価格(年間)電気代(年間)補足
白熱電球約600円14,400円
LED電球約150円1,800円購入価格で約450円、電気代で約12,000円もお得!

寿命を考えると、高価に思われる電球価格でも3分の1以下の費用で済み、電気代ではなんと年間1万円以上もお得になります。

店舗やオフィスビルの場合、設置する電球の数も、上記の数倍〜数十倍になりますので、さらに大幅なコストダウンが期待できます。

マンション一括受電工事

通常は電力会社と各家庭が個別で電気の契約を結びますが、これを「家庭ごとの個別契約」から「マンション一棟の一括契約」に切り替えることで、電気料金のコストダウンが可能となります。

簡単に説明すると、一括契約のほうが電気料金の単価が安いという特性を生かし、安い単価でまとめて電気を買って、その差額で電気料金の引き下げを実現するという事です。

電力自体は地域の電力会社(大阪の場合は関西電力など)から供給されますので、供給の安定性を維持したままコストダウンする事が可能です。

モモヤシステムは、この一括受電サービスに必要な工事からメンテナンスまで行っております。